2012年10月20日
津波防災訓練見学
日 時 平成24年10月20日 9:00〜11:00  
場 所 崎田地区

避難訓練・救助訓練・炊き出し訓練等
(崎田地区住民・消防・防災ヘリ・自衛隊が参加)

凡そ350年前の1662年9月19日夜、大地震、大津波があり、市木から本城地区にかけて
津波被害が発生したことが日向郷土史(P178)に記載されている。
串間市史には、大地震領内家屋倒壊三千八百余戸(P159)と記録されている。

地震は周期性があり、東日本大震災の教訓もありますので、大変意義ある訓練です。









【閉じる】